株式会社マトリックスコミュニケーションズ       

業務用ワイヤレスディスプレイをご検討中の方は是非ご相談ください。 
教室や会議室の無線化を支援しています。
日本HP社の販売パートナーとして、Windows PCやChromebook、2D/3Dプリンターの導入も支援しています。

・本サイトはグローバルサインのSSLにより保護しております。
    

株式会社マトリックスコミュニケーションズ       

業務用ワイヤレスディスプレイをご検討中の方は是非ご相談ください。 
教室や会議室の無線化を支援しています。
日本HP社の販売パートナーとして、Windows PCやChromebook、2D/3Dプリンターの導入も支援しています。

 
  SSL GMOグローバルサインのサイトシール
・本サイトはグローバルサインのSSLにより保護しております。

教育ICT

【株式会社マトリックスコミュニケーションズ】第6回 関西教育ICT展出展のご報告

 

85日(木)、6日(金)の2日間 インテックス大阪で開催の第6回 関西教育ICT展」へ出展いたしましたので、そのご報告と、会場にご来場いただきました皆様には御礼申し上げます。
 


 
お客様各位
 
拝啓
 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
過日、8月5日(木)~6日(金)に開催されました「 第6回 関西教育ICT展」へ弊社が出展いたしましたので、そのご報告をさせて頂きます。
また、ご来場いただいた皆様には厚く御礼を申し上げます。
 
開催期間中、大阪府に緊急事態宣言が発出されていましたが、関係者の皆様のご尽力ならびにご来場の皆様のご協力により、十分なコロナ対策を行う事ができ、展示会も盛況のうちに閉幕いたしました。
コロナ禍で大変な時に、休暇を取ってご来場頂いた先生方にも御礼申し上げます。
 
<来場者数>
8月5日(木):1,427名
8月6日(金):1,151名
 
弊社ブースへの来場者は、小中学校関係者より高校関係者が多く来場されました。(4対6)
現在、高校における一人1台(高校GIGA)の授業スタイルが検討されていますが、義務教育ではない高校については、各都道府県や学校単位での導入判断が求められ、財政的にも厳しく、BYODの導入を視野に入れて検討される自治体や教員の皆様が多くいらっしゃいました。
3種類のデバイス(Windows、Apple、Chromebook)が使える、弊社のワイヤレス画面転送装置“TrinityVision”が、BYOD導入の際に役立つ点について多くの質問を頂き、回答させていただきました。
 
また、今後、小中学校でGIGAスクール向けに教室を広くするため、国による改修費用の財政支援も検討されていますが、通信距離が7メートル程度のAppleTVや4メートルのクロムキャストでは、教室の中列から後列にいる児童・生徒からの無線が届きません。ブースにお越しいただいた小学校の校長先生より、教育委員会から配布されたワイヤレス画面転送装置の接続ができず困っていると相談を受けました。ヒアリングの結果、家庭用機器を使っているため通信距離が短いことが判明し、通信距離20メートルの弊社TrinityVisionに興味を持っていただきました。大阪近郊の複数校の先生方から、夏休み中のデモ依頼を受け、訪問スケジュールを計画中です。
 
事前にご案内しておりました大抽選会も、今回は会場では行わず、遠隔授業を想定して、弊社の千葉オフィスと大阪の会場とをビデオ通話で結び、会場にある65インチの大画面へTrinityVisionを使って、抽選画面を大きく表示しながら番号を選んで頂きました。
 
ある中学校の先生から、教室で遠隔授業を行う際にTrinityVisionが役立っているというお話を伺いました。
今まで、Google meetで在宅生徒全員の一覧画面を教室にある電子黒板に画面転送して、各生徒の表情を見れるようにしていました。また黒板の板書を生徒に見せるためにWebカメラ1台を三脚に立てて教卓の前に設置して、USBケーブルをデバイスに繋いで配信していました。電子黒板もWebカメラもそれぞれHDMI/USBケーブルでクロームブックとつなぎカメラ脇に固定設置していました。そのため、授業中、クロームブックを操作する際、カメラの前を離れなければならず、生徒の見ている画面から先生の姿が消えてしまうことで集中が途切れてしまいました。これを防ぐため、電子黒板とクロームブックとを、TrinityVisionを使って無線による画面転送を行うことで、クロームブックを手元で操作ができるようになり、教卓から移動せずに常にカメラの前で授業が行えるようになりました。
 
ワイヤレス画面転送装置のTrinityVisionを使うことにより、先生は、電子黒板に映した生徒の表情を見ながら、黒板の前に設置したカメラに向かって遠隔授業が行えます。
 
最後に、今回、弊社ブースに来場されたほとんどの先生方は、コロナ禍における授業スタイルの激変や、限られた予算など、大きな障害に立ち向かいながら、日々、授業を進化させていくことを目指し、様々なアイデアを自身で考え実践しておられます。
ワイヤレス画面転送装置を手掛ける弊社も、少しでも授業に役立ち、さらに低価格でご提供できる製品開発を目指していきます。
 
敬具
 
株式会社マトリックスコミュニケーションズ
代表取締役社長 松田 茂
 
<お問合せ>
〒261-7115 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブイースト15階
TEL:043-301-3801 FAX:043-301-3802
営業部 渡邉
E-Mail: sales@matrixcom.jp

・ワイヤレスイヤホン(マイク内蔵)を使用する場合は、Bluetoothでパソコンに接続し、パソコンまたは使用するアプリのマイク設定はワイヤレスイヤホンを選択してください。
・TrinityVisionと大型提示装置はHDMI接続です。
・パソコンとTrinityVisionをミラキャストまたはWi-Fiで接続すると、音声は大型提示装置のスピーカーから聞こえます。
・WEBカメラとパソコンは、USB接続です。


教えて!ICTせんせい!

前編:学校のネットワーク環境について

 
大阪府立成城高等学校

上田 勲 先生

 前編:学校のネットワーク環境について

大阪府立成城高等学校
上田 勲 先生
 

後編:高校のICT化について

 
大阪府立成城高等学校

上田 勲 先生

 後編:高校のICT化について

大阪府立成城高等学校
上田 勲 先生